のれんが活躍する場面

トイレのれんの人気デザイン

のれんを製作する前に考えたいこと日本文化で馴染みのあるのれんと言うと、店舗の日よけとして
掛けられている、屋号などを白抜きにした物をイメージされる方も
多いと思います。

その他にも家の中で、部屋と部屋の間仕切りとして掛けたり
玄関ドアの開閉により外から見えてしまうのを防ぐために掛けたりと、
個人でも利用されている方は多くいらっしゃいます。

伝統的な技法の染め抜きののれん、木の枠などにスクリーンを張り、
インクが通る部分と通らない部分を作りプリントするシルクスクリーン、
そして今は、印刷技術も進歩し、パソコンで作成したデータを
紙に印刷するように生地にプリントするインクジェットプリントも
一般的となりましたから、以前と比較すると短時間で簡単に
様々なデザインののれんを作成することが可能となりました。

印刷技術の進歩により、オリジナルデザインののれんを
簡単にのれん通販でオーダーし、購入することができるようになりました。印刷技術

世界における印刷技術の歴史と発展

印刷技術の発明は推測の域はでないものの、諸事情を鑑みて
東アジアが発祥の地であるというのが妥当なところであると考えられています。

それは2世紀ごろに中国で紙が作られるようになったり、7世紀から8世紀ごろには
既に木版印刷がおこなわれていたことが分かっているからなのです。

また、この木版印刷の技術は朝鮮半島から日本へも渡ってきて、764年から770年にかけて
製作年代がはっきりと判明している印刷物が残っているこれらは世界最古のものとされています。

その後1041年ごろには北宋の発明家である畢昇が陶器による活字を発明したり、
高麗で金属の活字が発明されたりもしました。

しかし、文字数の多い中国や日本では普及せず、もっぱら印刷は木版を利用してました。
そして、印刷技術の発展はドイツ出身の金属加工職人ヨハネス・グーテンベルクの
活版印刷の発明により、1450年ごろには飛び抜けた転機を迎えたと同時に
彼の発明は油性インキや印刷機にまで及んだのです。

技術の発展により更に表現度が高くなったのれん


例えば、居酒屋さんや料亭などの食べ物屋さんなど、食事をする場所と
トイレに続く通路の間口に合わせ、目隠しとして掛けることのできるのれんは
間口に合わせてオーダーすることもできます。

扉が付けられない場所、しかし、お客様の視界を遮りたい場合などに
低予算で簡単に取り付けられるのれんは大変便利です。

のれん通販で人気ののれんの中に、お店などで誰でも目にすることのある
トイレのマーク、ズボン姿の男性用、スカート姿の女性用のマーク、
のれんのイメージが変わる、斬新なトイレに掛けたくなるのれんが人気となっています。

このような、今までにないのれんの使い方にも注目が集まっています。

トイレ用

のれん通販サイトでは、のれんの生地、カラー、デザイン、大きさ、枚数など
全てインターネットで注文することができるため、のれんに必要な棒やのれん受けなどの
付属品も含め、欲しいのれんを24時間いつでも購入することができます。

のれんの購入を検討されている方はインターネットで検索してみてはいかがでしょうか。