のれんが活躍する場面

安っぽいのは避けたい

のれんを製作する前に考えたいことお店の顔ともいえるのれんはデザインも重視して
選んでいきたいところです。

屋外に設置

それでもお店の外で風雨にさらされたり汚れが付いたりと
いうことがあると、見た目も悪くなりますし、お店の印象も
マイナスになってしまうということがあります。

そのため水に強くお手入れがしやすい丈夫な撥水のれんを
選ぶのはよい選択だといえるでしょう。デメリット

しかし機能性だけを重視してしまう事によって、逆に安っぽい印象を
与えてしまうことになると、逆効果になってしまいます。

どうしても撥水加工をした生地というものは、一般の物に比べて
種類や数が少ないですから、選択肢も少なくなってしまうといえます。

自宅で使うなどという場合であれば、多少安っぽく見えてしまうものでも
機能性が高ければよいと妥協することができるかもしれませんが、
お店の場合はそうはいかず、お客様が見た時にどう思うかということが
重要なポイントとなってくるのです。

ここでデザイン選びに妥協してしまうと、せっかくのお店の顔が
台無しになってしまうので、ある程度安っぽくない見た目のものを
選ぶということが重要になります。

撥水のれんにするという形で、機能性がほしいけれど見た目もよいものにしたいという場合は
多少費用が掛かっても、オーダーでしっかりしたものを作るということをお勧めします。

既成の撥水生地を使うというだけではなく、オリジナルで染めたものなどを
撥水加工するという事に対応している業者もあるので、デザインにこだわって
宣伝集客に役立てたいという場合にはぜひ相談してみるとよいでしょう。

やはりお店に入る時に真っ先に目につくものがのれんですから
そこにはしっかりこだわりを発揮していきたいものです。

ちょっと価格が高めであることにためらいを感じることもあるでしょうが
撥水加工がされていることで、一つののれんが長持ちしていくという事を考えれば
逆に安くなるという事もあります。

ぜひ安っぽくない撥水のれんをオーダーして利用していきましょう。