家の売り方

媒介契約に問題はないか

お得な家の売り方は?家が売れない時には、媒介契約に問題はないか
チェックをしてみましょう。

ほとんどの場合に3ヶ月ごとの更新となっているので、
3ヶ月ごとに不動産会社の変更を検討してみるのが良いでしょう。

媒介契約

専属専任媒介、専任媒介、一般媒介という3つの方法があり
一般媒介に関しては契約期間が3ヶ月であるとは限りませんが、
多くの場合に3ヶ月となっているようです。

専属専任媒介の場合は1週間に一度、専任媒介の場合は
2週間に一度の報告義務があります。

一般媒介の場合には報告義務はありませんが、
こちらから聞かなければ報告をしてくれない業者は
そもそも売る気があるのか疑問です。

家が売れない時で、力を入れて販売活動をしてくれて
いないと感じたら、業者の変更を検討するべきでしょう。

ほとんどすべての業者は、専任媒介もしくは
専属専任媒介を望みます。

最終的に売れさえすれば、仲介手数料が手に入るからです。

仲介手数料

一方、一般媒介では2社以上の不動産会社と契約を
結ぶことができ、業者を競争させることができます。

業者にとっては、早く家が売れないと、他社に
とられてしまって、仲介手数料が入ってこないからです。

しかし、あまりに多くの業者を競争させてしまうと
業者側のリスクが大きくなり、営業にお金を
かけられないということになります。

一般媒介を結ぶ場合でも、なるべく2社~3社程度に
しておくべきでしょう。

信頼関係を築くという意味では、専任媒介もしくは
専属専任媒介のほうが優れています。

家が売れない時には、媒介契約に問題はないかを
チェックして、問題があったり、不動産会社が
本気を出してくれていないと感じたら、
業者の変更を検討してみましょう。