家の売り方

空き家にした方が売れる?

お得な家の売り方は?私たち人間は人類の長い歴史において、
住居を構えて一定の土地に留まりながら
寝食をその住処で行い生きていく
生活スタイルを築きました。

家を売りたい

歴史の中において家は私たち人間を外的や
厳しい自然環境から守り続け、人々が安心して
生活できる居場所を提供してきました。

建設技術などは皆無であった古来でさえ、
人々は知恵を出し合いその時代に得られる
材料を使って、環境にあった立派な家を
作り出していたのです。

現代社会においては家の存在はそれ以上の意味を持ちます。

売れない

人々が安心して生活できることは勿論のこと、
離れて暮らしていても変える居場所がある
安心感や家族の連帯感を生み出す役割もあります。

また、住処を所有していることは、それだけの
財産を所有している付加価値としても
みとめられています。

様々な状況でまとまったお金が必要になった時には
住処を売ることで、必要なお金を手に入れることが
出来るのです。

しかしながら、簡単に売れないと困っている
人の声を聞くことは少なくありません。

売りたい人にとっては販売の意志があっても、
家が売れないことが一番の問題となるのです。

売れないのには様々な理由があります。
販売希望価格の設定が購入検討者の考えと
合わないこともあります。

勿論のこと間取りや作りも重要な検討ポイントになります。

その他に立っている地域や近隣の雰囲気も影響しますが、
売れない理由としては、内覧の時にその住処に
あまり魅力を感じない場合もあるのです。

住み続けている状態で内覧を行うことは
空き家の状態で行うよりも不利なのでしょうか。

例えば荷物がごちゃごちゃ置いてあれば部屋が
狭く感じてしまいます。

掃除が行き届いていなければ、古い汚れた印象だけが
残ってしまう場合もあります。

清潔な状態で荷物の整理を行ってすっきりした状態で
内覧が出来ないのであれば、空き家の状態で
不動産屋に任せた方がその家の魅力を引き出す
内覧が出来る場合もあります。