家の売り方

リフォーム

お得な家の売り方は?家が売れない時には、リフォームをしたほうが
良いのかということで、悩む人がいますが、
これは慎重に決めるべき問題です。

ハウスクリーニングについては、ほぼ必須と言えますが、
リフォームやリノベーションについては、
基本的にはしないほうが良いというのが答えになるでしょう。

なぜなら、工事の種類は実にさまざまであり、
購入者の希望に100%合致した工事を行うことは
不可能だからです。

家が売れない原因は、他にもあるはずなので、
まずは他の手段を考えましょう。

壁紙

しかし、壁紙を新しいものに張り替えるというような
小規模の工事ならば、したほうが良い場合もあります。

不動産会社の担当者とも相談をしながら、
慎重に決めるべき問題です。

家が売れない場合には、価格を下げるということが
まず考えられるでしょう。

しかし、リフォームをしてしまうと、逆に価格が
上がってしまうことになります。

工事に500万円をかけたなら、500万円を家の価格に
上乗せしたいと考えるでしょう。

ほとんどの場合、工事にかかった費用をそのまま
家の価格に上乗せすることはできないということも
知っておきましょう。

うっかり工事をしてしまった結果、ますます
売れないということになってしまう可能性もあります。

リフォーム

築年数が経過している物件でも、工事は購入者にまかせて、
価格をできるだけ安くすることを意識したほうが
売れる可能性が上がります。

もちろん、相場通りの値段で家を売ることも重要なので
安易に価格を下げるという選択をするべきではありません。