値下げのタイミング

前向きになるために家を早く売りたいという場合は、そのことを
第一目標とした売り方にすることが大事です。

高く売りたい、早く売りたいと二つの目標があって、
どちらも達成したいとなるとうまくいかないことの方が
多いからです。

家の売却もいわば生き物ですから、高い値段設定で
スタートし、売れないから値下げするという場合は
買う方からすると売れないことの理由に疑問を持ち、
欲しい物件にも手を出しにくくなります。

家を買う場合、結構お金のかかる買い物ですから
買う方も慎重で、余程の物件かと余程の事情でないかぎり
すぐに飛びつくことはしません。様子を見ます。

ネットなどで候補物件を何度も検索しています。
だから、その家に関する情報にも長けてきます。

したがって、早く売りたい場合は売れないからと言って
値下して売ろうとするのは、あまり良い策ではないのです。

最初から、これならという値段を設定して
対応するのが一番です。

そのためには、不動産屋さんとじっくり相談することでです。
近隣相場とか、同じような物件の取引実績とかを確認し、
希望金額も提示し、その上で不動産屋さんと
値決めしたらいいのです。

こうした方法の良いところは、不動産屋さんが経緯を
承知していますから、買い主が現れたときに
然るべき対応をしてくれます。

たとえば、いくらか値下げできないかというような
申し出に対しても、ご事情があって急いでいるので
ぎりぎりの金額提示となっていますから、そのままで
進めるのがいいのではないでしょうか。

値下げ交渉で手間取っていると、他の不動産屋ルートで
決まってしまう恐れもありますよ、というような
対応をしてくれます。

早く売りたいときは、売れない要素をあらかじめ
排除する方が賢明なのです。