家の売り方

家を売る際に関わる費用のこと

お得な家の売り方は?不動産の売買を行う際には、仲介業者という購入者と販売者を
仲介する業者を利用しなくてはいけません。

これは、家を売る時も買う時も同じです。
一般の消費者は、住宅や不動産を購入するときにまず
不動産を宣伝している業者を探します。

街角にある不動産会社は不動産の所有者というわけではなく、
本来の所有者から家を売るための宣伝や広告を任されている
業者であることが多いです。

これは、不動産売買に関する安全性を確保するために、
このようにして売買をしなくてはならないことを決められているからです。

家を売る方としては、所有している住宅を第三者に見てもらわなくてはならないので、
その不動産を宣伝してくれる業者を探す必要があります。
安全の為に

こうした業者を仲介業者と言い、仲介業者を利用した売買をする際には、
仲介を行ってくれた業者に対して別途費用を支払わなくてはいけません。

仲介業者に対する費用は仲介手数料という名目で支払われることが一般的で、
これは成功報酬として業者に支払うことになります。
慣れ親しんだ

成功報酬であるため、仲介業者に宣伝や広告の作成を求めたとしても
その段階では費用は発生しません。

実際に報酬を支払うのは、宣伝や広告の作成を任せた住宅の売買契約が成立して
実際に引き渡しが終わった後です。

支払う金額に関しても、購入希望者から支払われた金額の何%かを
業者に支払えば良いので、その支払い金額に関しては事前に
契約の前に見積りを出してもらっておくことが大切です。