家の売り方

売り出し価格

お得な家の売り方は?家がいつまで経っても売れないというケースでは
すぐに価格を下げるのではなく、まずは売れない原因を
考えてみることが大切です。

家を売る時に、少しだけ相場よりも価格を上げて
売りに出すという人は多いです。

購入希望者から価格交渉がされる可能性も
それなりに高いので、少し価格を上げておくというのも
1つの手段です。

魅力的な家ならば、少しくらい相場よりも高くても
内覧者は現れるものです。

売り出しkakaku

家が売れない理由の1つとして、売り出し価格に
問題があるということがあげられます。

相場よりも少し高いくらいならばあまり問題に
なりませんが、相場よりもはるかに高いケースでは
値下げ交渉をしても可能性が無いだろうと考えて、
そもそも内覧を希望する人すら現れないこともあります。

ほとんど相場通りの価格で売りに出しているという
ケースでは、不動産会社が本気で宣伝をしてくれて
いないということも考えられます。

そもそも、不動産会社の実力が足りていないという
ケースもあります。

媒介契約は3ヶ月更新となっているケースが多いので、
3ヶ月~6ケ月くらいの周期で不動産会社の変更を
検討してみましょう。

相場

家が売れない時には、価格を下げるという方法が
一番確実な方法ではありますが、不動産は高額な
商品なので、数百万円単位で差がついてきます。

なるべく相場通りの価格で売ることが大切なので、
売れない原因はどこにあるのかを突き止めて、
対策を考えるようにしておきましょう。

価格を下げるというのは、最後の手段です。